導入事例

Case

社会保険労務士法人伊藤人事労務研究所様

社会保険労務士法人伊藤人事労務研究所様

ito1

社会保険労務士法人伊藤人事労務研究所
   代表社員  伊藤 満 様

伊藤人事労務研究所が月額30円 ~の給与明細配信サービス「S-PAYCIAL(エスペイシャル) with 電子給与明細」を採用しました。

※本内容は掲載時点のものです。(2014年8月28日)

採用サービス
S-PAYCIAL(エスペイシャル) with 電子給与明細

導入の背景

以前は他社の電子給与明細サービスを使用していましたが、「コスト」、「品質」、「操作感」、「機能面(源泉徴収票が出せなかった)」こともあり、乗り換え先を探していました。
タイミングよく「S-PAYCIAL(エスペイシャル) with 電子給与明細」のご提案を頂き、採用を検討しました。
前述の4つの課題が大きく改善されることがわかり、他社からの乗り換えを決めました。
以前はパスワードの変更をするにも全て申請書の提出が必要で、運営にとても手間がかかっていました。
電子給与明細はお客様の誤配や給与明細の紛失などのリスクヘッジができるため、とても良いサービスです。
今までは品質や機能面、運用面に問題があり、なかなかクライアントに提案できませんでしたが、今後は「S-PAYCIAL(エスペイシャル) with 電子給与明細」をご紹介していきたいと考えています。

S-PAYCIAL(エスペイシャル) with 電子給与明細の採用効果

・給与明細誤配や配布遅延のリスク軽減
・顧客側社員の給与明細紛失リスクの軽減
・電子給与明細サービスとしての品質向上

お客様からのコメント

ito3

右)社会保険労務士法人伊藤人事労務研究所
  代表社員 伊藤 満 様
中央)鈴与シンワート(株)  佐野隆
左) 鈴与シンワート(株)  中村和史

Q1:電子給与明細の採用メリットについてお教えください。

現在も多くの企業が当たり前のように給与明細を紙で配布しています。
しかしながら紙で配布することはそれなりにリスクがあります。
紙で配布する場合、遅配や誤配、配布時・配布後の紛失などの可能性を否定できません。
給与に関することですので、一度誤配があっただけでも信頼問題になります。
場合によって社内の風通しに影響が出ることもあります。
電子給与明細であれば、そのようなリスクをかなり軽減できます。
また、社内で紙の給与明細を配布するよりもかなり手間が省けます。

Q2:導入は容易でしたか?

「S-PAYCIAL(エスペイシャル) with 電子給与明細」はSaaSでの提供である為、導入は非常に簡単でした。
特にトラブルもなく、スムーズにサービスインできました。
とにかく、申し込みからページ開設までがとても速いです。
また、担当された方の対応も迅速で正確で好印象を持っています。

Q3:お客様のご評価はいかがですか?

まだ使い始めたばかりのお客様もございますが、給与明細配布のリスクが軽減でき、運営に手間がかからないと高い評価をいただいております。
まったく悪い話を聞かないサービスです。
細かい機能改善の要望はありますが、シンプルが故に良い面も多く、サービスとして完成されているという印象を持っています。

PAGE TOP